• 経費精算システムを導入するメリットとは

    社内業務で経費精算ほど手間と労力のかかっているものも少なくありません。

    実際問題、社員が会社のために支出する現金は常に発生しているものですが、その使途が会計上どのように仕訳けされるのかを正しく理解している社員はほとんどいないでしょう。

    経費精算システムの情報が詰まったサイトです。

    例えばスポンジを購入してきたとしても、それが工場で使うのか事務所で使うのかによっても仕訳けは異なりますし、はたまたあるいはお客様に納品するものだったりプレゼントだったりするかもしれません。
    こうした使途が異なれば仕訳けも異なるわけですが、購入する社員に簿記の知識がないとこれを適正に申告するのは難しいでしょう。
    勢い、内容について経理社員がいちいち問い合わせをする事になり、非常に手数がかかってしまいます。



    こうした問題をきれいに解決するのが経費精算システムです。


    経費精算システムは入力者が簿記の知識を持っていなくても適正に申告出来るように設計されています。
    そしてワークフローや会計システムへの連携なども組み込む事が出来ますので、これまで稟議を回していた手間も経理社員が仕訳けを入力する労力も不要になります。更に経費精算システムを銀行支払いシステムと連携すれば社員の口座に入金する事も自動で出来ますから、現金のやり取りすら必要なくなりキャッシュレス対応で保安上の観点からも優れています。

    このようなものが経費精算システムを導入主なメリットですが、これだけでも会社の生産性を上げてなおかつストレスフリーな環境構築に役立つことがお分かりでしょう。