• 経費精算システム導入におけるメリットとデメリット

    業務を遂行していく上で必要となる経費の精算は、どんな会社でも必ず発生します。

    経費を申請する側にとっても、取りまとめ支払処理を行う経理部門においても手間がかかる業務の一つと言えます。

    そんな経費精算の業務を大幅に効率化するため、数多くの経費精算システムが存在します。

    経費精算システムの珍しい情報をご紹介しています。

    手軽に経費精算システムを導入するなら、クラウドサービスとしてサービス提供されているものがおすすめです。
    クラウドサービスであれば、自社でサーバーを準備する必要がなく、初期費用を抑えることができます。

    会社固有の設定を行う必要はありますが、比較的短期間に導入できることも良い点です。



    クラウド経費精算システムを導入する最大のメリットは、業務の時間短縮と言えます。



    また、機械化されることによりミスを軽減できるメリットもあります。
    システムに登録されたデータは共有できるため、不正防止にもつながります。同一システム内にデータが蓄積されるので、データの一元管理ができます。

    全国に複数の拠点をもつ会社では、大きなメリットの一つとなります。

    しかし、メリットばかりではなくデメリットもあります。

    インターネット経由での利用となるため、利便性は高いですが情報漏えいのリスクはあります。


    各サービスでセキュリティ対策は行われていますが、完全なものはありません。
    また、サービス利用料金はかかりますので、長期利用を考えると予想以上にコストがかかる可能性があることにも注意が必要です。